デグチの奮戦日記

 スペインへ

スペインを旅した。
ヨーロツパでも日本から遠く、なかなか行きにくいにもかかわらず人気のあるスペイン。今回はアランブラ宮殿を観たいと思い、また、美味しい生ハムとビール&ワインを楽しみにツアーに参加した。
_DSC6693_2.JPG

前回同様、途方もない距離を歩くだろうと覚悟し、日々、散歩など歩く機会を多くて訓練してきたが、案の定、今回も私は歩き過ぎてフラフラ状態。

一緒にツアーに参加している方々は皆私よりホントお元気です。毎日1万5千歩近く歩いたのだから、自分でもよく耐えられたと感心しています。


今回はミラーレスのSONY α7Sを持ってたくさんの夜景写真を撮影した。あわせて旅行直前に用意した4Kハンディカムも持って行ったため、写真と動画の撮影に大忙し。ツアーのいつも最後尾に必死について行った感じでした。でも、バルで飲む酒や生ハムが美味かったなぁ・・・・・。


◎ツアーにご一緒いただいた皆様、楽しい時間をご一緒いただき、いろいろありがとうございました。私が撮影しました写真の諸々は以下の「写真はここ」におく予定です。クリックしてどうぞ中へ(パスワード必要 説明あり)。

まだ写真は整理されておりませんが、お暇がありましたらどうぞ覗いてみてください。

 我がオーディオの最終機器

最終機器であるグライコ(写真下、右下)が入り、私のオーディオがついに完成をみた。
_DSC3395.JPG
アンティフォンの松居さんに診ていただきながらも15年以上。EL34や300B真空管アンプを利用した4way+1のマルチアンプシステム。前職での退職金をはたいて持ち帰った思い出深いスピーカから始まり、松居さんと出会わなければタイムアライメントやアクティブネットワークなどを全く知ることもなかっただろう。松居さんに感謝!!。とても感慨深いものがある。
_DSC3403.JPG
 最終構成図のpdfはこちら
AUDIO2015.jpg

 4Kのパソコン用モニタ

写真を綺麗に観たい2014-11-24 09.45.39.jpgし、4Kの動画もパソコンで編集してみたい。ということで、4Kのモニタを手に入れた。

現在使っているパソコンにはSONYの4KプロジェクターにもHDMIで出力できるよう、もとより4K対応のビデオカードを付けていたので、4Kのモニタさえあれば簡単に接続できる。


で、モニタならば、今度はDisplay Portで接続できるため、さらに落ち着いた綺麗な4K画像が見れそうと思いを巡らせ、いろいろなメーカの物を物色していたが、最終的にLGエレクロニクスの4Kモニタに決定した。

このメーカーは本意ではないけど、Adobe RGBとsRGBの比較画面を出してくれて、写真が綺麗に表示できそう。その上、31インチと少しばかり大き目なので、メインモニタ(右)を最新の4Kモニタに交換し、今までのモニタはサブに回ることになった。

 ミラーレスカメラをゲット

いつもはCANONの5D mk2を使っているのだが、世はm5D mk3の新型であるmk4がいつ発表されるかが噂されていた。しかし、なかなか発表されずウズウズしていた所へ最近何かと気になるミラーレスカメラで超魅力的なものが出た。SONYのα7s。暗い所でも撮影できる高感度センサーであることから、日々、手ぶれ写真を撮ってしまう事が多い私には、暗くてもシャッタースピードを上げられ、かなり重宝しそうなカメラである。その上、なんと4Kの動画も撮れるということで、エィ!!と飛びついた。
IMG_0050.JPG

ミラーレスということで小型・軽量であることが基本と考え、購入したレンズは35mmF2.8の単焦点1つ。
でSONYにCANONのレンズ付けて頑張ろうかなと考えたが、これじゃ携帯性なしだよね。
いづれ、SONYのレンズを買い足してしまうんだろうなぁ~とレンズ沼を覚悟した。

暗い所でも、結構綺麗に撮れるため、博物館や美術館での撮影や夜の街並みなど、海外旅行に行った際には重宝しそう。

 台湾へ

マイルが貯まったので飛行機代タダで小松空港から台湾に行くことになった。
飛行場に着いたとたん、湿気と暑さでムァ~。
IMG_6698.JPG台湾 九份の阿妹茶酒館。
いや~蒸し暑すぎです。常にタオルは首から下げて、湯上りのような格好で歩いてました。
IMG_6767.JPG
 新幹線で高雄へ。
暑すぎます。ヘロヘロ。マンゴーのカキ氷を今日だけでも、2回も食べました。さすが、回帰線の南だです。熱帯ですもの。
次回。台湾にお邪魔する際には冬に行くことにします。食べ物は抜群にうまい!!

 天空の城 竹田城へ

観光客が少ないかと思い、冬に訪れることにしたが、その分、いつもは山の中腹あたりまで車で行けるそうだが、この時期はなんと麓からの歩き。天空の城だけあって、デブが登るのは大変!!
IMG_5492.JPG
IMG_5456.JPG

 ドイツへ

今回は、おいしいビールが飲みたいと思い、ドイツに旅した。毎日のように、黒、白、ピルスナーと各種ビールを1リッター以上飲み干す。おかげで絶対さらにデブになったと思っていたが、帰って体重計に乗ると4キロ減。ヤッター!!。IMG_1932.JPG

前回の中欧の旅にも痛切に感じたのだが、今回ももちろん私より年配の方々が皆私より元気。階段や石畳の道ではすばらしいパワーで歩かれて、到底私は及ばない。でも皆様になんとかついて行くだけで毎日1万~2万歩ちかくを歩いていた結果がこの体重減となったようだ。

城フリークな私としては、広角レンズを新調してまで、城壁を撮影しようと頑張っていたが、案の定、体力が続かずフラフラになりながらの旅であった。次回の旅行こそは、もっともっと鍛えておかねば。

でも・・・・ビールはうまかったなぁ。

◎ツアーにご一緒いただいた皆様、楽しい時間をご一緒いただき、いろいろありがとうございました。私が撮影しました他の写真の諸々は以下の「写真はここ」においています。クリックしてどうぞ中へ(パスワード必要)。

お暇がありましたらどうぞ覗いてみてください。

 少し、こだわりました!!

これで私もとうとうスマートフォンに!!。

kodawai3.jpg
 ずっと使っていた初期型iPadの2年しばりもちょうど終わり、このiPadは自宅にてLINN DSやVoyageMPDのWi-Fi専用リモコンとして使おうかと考えていたとき、ちょうど良いお話が舞い込んで来た。
知人が台湾出張とのことで、そちらでiPhone4sを購入していただけることに。

プラチナバンドも始まったみたいだが、仕事場は田舎でお山すぎてソフトバンクではつながらないし、まだまだ不安。で、なんとなくAUもいやだし・・ってことで、結局、少しこだわって、海外からiPhoneを購入し、ドコモ回線でiPhoneが使える様にすることにした。ドコモからのiPhoneが売られるのを待ち、それまでスマートフォンは我慢とずっと考えて来たが、先の株主総会でのドコモ社長の話を聞いてさすがに諦めた。

結局、現Forma携帯からandroid タブレットに機種変して、そのタブレットはWi-Fi専用のデータ通信機として、出かけていてもiPhone経由のテザリングで使用することに。従来から利用していたiPadももちろんテザリングで使用でき、andoroid OS と  iOSのどちらが便利かこれから十部に検討してみたいと思っている。


 パソからの4K2K出力

SDIM0216.jpg
とうとう表示ができるようになりました。自作パソコンのグラボにRadion HD7700を載せ変え、幾分マシンパワーも必要だったがなんとか完成しました。

YouTubeにある4K動画の再生や自分で撮影した写真画像が4096×2160の解像度でHDMIに直接出力可能。




これでSONYのプロジェクターから直接4K2K画像が観ることができます。SONY のPS3のソフトPlayMemories 4K editionでは、いまいち写真が綺麗だと思わなかったのはたぶん私だけではなかったと。他方、この方法だと写真はシャキッとして感動ものの綺麗さ。動画は、見比べるソースが足りず、YouTubeの4K2K動画の方か、フルHD動画をアップコンバートしたものの方か、まだまだ判断が難しい。 ただ、グラボの発色能力がもろ効きそうで、より綺麗にしたいならさらに高性能・高画質なグラボを付けた方が良いのかも。
kodawai20.jpgkodawai25.jpg

 懐かしい映画がBDで綺麗

最近買ったブルーレイBDの映画がとてもすばらしい!!。
自分が生まれた頃に公開されたベンハー、感動して観ていたスターウォーズ。どれもが最近のリマスタリング技術により超高画質の映像になっているのに驚いた。巨額の制作費をかけただけあってベンハー出演者の着ているものがとても高級そうに観える。

kodawari1.jpg意外だったのは第1作目のスターウォーズ エピソード4の画質。最終作のエピソード3と遜色なくとても綺麗で改めて感動もの。

懐かしい映画と最近のリマスタリング技術に喜んでいました。すばらしい!! 

あと、別件だが、ベンハーはUK盤のブルーレイが安い。もちろん日本語メニュー、日本語字幕&吹き替えがちゃんと収録されている。アマゾンで国内盤が10000円くらいするが、UK盤では4000円くらいで手に入った。

 映像へのトライをスタート!!

今までは何かとピュアオーディオの世界に浸っている事が多かったが、映像にも本腰入れて挑戦ということで、このたびSONYのプロジェクタを新調した。
7年くらい前に三菱のLDP-D2010やスクリーンリサーチのBlack Backing Layerを入れ、サウンドスクリーンは一生物になると思いフンパツしておいたが、さすがにプロジェクタは時代の遺物となって来た。
IMG_2118.JPG

映画や写真など映像を観る場合には、そのほとんどはリビングにある60インチプラズマ クロで楽しんでおり、あまりプロジェクタで観る機会は少なかったのだが、最近のプロジェクタがより明るく、より綺麗となり、クロと変わらない、いやそれ以上の画質が得られること知ってしまい、どうしても写真のリアリティや自作したスライドショウを大きな綺麗な画面で見たくなって来た。

写真は印刷する時、プリンターやレタッチソフトによって印刷結果が大きく変えられてしまうため、印刷して写真を楽しむ事にはどうしても魅力を感じることができず、なにか違う方法で見る・楽しむようにしたいとずっと考えていたが、とうとうこの方法でトライし始めることにした。

もちろん映画やコンサートビデオも楽しめるし、昔より撮り貯めたHi-Visionファイルも十分楽しめそう
IMG_2119.JPG
だ。先に入手したKEFのサブウーハmodel209も、2chステレオのメインウーハとしてだけでなく、5.1chサラウンドの本来のサブウーハとして大きく役立ってくれそうだ。

これからの世界、3Dや4k2K映像もかなり魅力的である。

 5年で約10万キロ

先日、我が愛車ランクル200の走行距離がとうとう10万キロに到達した。SDIM0097.jpg
まもなく迎える4月でちょうど5年目の車検となるので、年平均約2万キロの走行となる。
SDIM0131.jpg南は鹿児島県の開門岳あたりから、北は青森県の竜飛岬まで。よくぞ行きました。
IMG_1259.JPG

四国の高知でははりまや橋を歩いてきました。
青森の十和田湖では蔦温泉でのんびりとしてきました。
まぁ、日本全国この車で移動させていただきました。
SDIM1475.jpg

さぁ~、まだまだ乗りますよ。前車のランクル80では30万キロを。では、この車では・・もちろん同じように30万キロまで頑張りますよ!!。

 AudioPhisicスピーカーをVoyageMPDへ

今まで、一般的なPIONEERのトールスピーカでプラズマのクロ(PDP-6010HD)を挟み、AirMac Expressの2chステレオやBD映画、テレピ放送の5.1chサラウンドを再生していたのだが、いまいち良い音が聴けない。と妻からの評価。そこで、小型のスピーカを中古でゲットし、作ったVoyageMPDのシステム一式を移動させた。SDIM0147.jpg ゲットしたこの小型のスピーカ、AudioPhisicのBAIRON2とその専用スタンドは、オーディオ屋さんが大切にしているのを無理言って譲っていただいた貴重物。

VoyageMPDの2chオーディオ出力やサラウンドのメイン出力には、KT88をつんだエアータイト M-101を再生用アンプとしてあてて鳴らしている。また、今まで集めた96Khz 24bitや192khz 24bitの音楽データは、QNAPのNAS上でLINN DSのAKURATEやOPPOのBDP-95などと共有再生している。

このスピーカにより明瞭度がいっきに増し、Linn Recordからダウンした室内楽などが上品に弦の音を奏でおり、妻も聞いて満足。妻専用の再生機となっている。こんな小型なのに本当に感動!!。

 個人輸入でOPPO BDP-95

Oppo BDP-95を個人輸入で手に入れることにした。ポチッとアメリカのwebサイトで発注。さて無事届くか・・・とたいへん不安だったが、アメリカよりあっという間に届いてしまった。注文日を含めて驚くことに計5日間でもう手元。

BDP-95.jpg

積まれているチップが良さそうで、DLNA経由の音もVoyageMPD同様、ネット上では評判が上々であるためかなり期待して購入を決定。さらにBDの画質がよさそうなことと、ESATAの端子がついているため、HDDに記録した動画ファイルをISOのまま接続して見るできることなど、SonyのPS3を上回る機能と性能を期待しての入手だった。

外付けHDケースLogitec LHR-DS04EU2を買ってきて、ESATA経由でHDD内のBD-ISOから便利に観ることかできるようにもした。設置完了後に見聞きした結果、DVDやBDの映像の綺麗さには十分な対費効果と満足感が得られた。しかし、DVDではPS3のアップコンバータが優秀であったためか、DVDの再生では若干寂しく感じられた。ネットワーク経由の映像や音はDLNA経由であるため、動画ではPS3MediaServerがPS3同様に便利に使え、m2tsなどをうまく再生できる。また、DLNA経由の音楽はLINN同様にTwonkyMediaが便利に使えるが、残念ながらネット上の評判ほど音は良くないように感じた。やはり2chオーディオでは実力はまだまだ。バランス端子からの音も綺麗は綺麗なのだが、いま一つ演奏者の緊張感が伝わってこない。個人的な評価は LINN >VoyageMPD >OPPO BDP-95の順だろうか。そう考えれば、VoyageMPDはたいしたものである。

SDIM0152.jpg

2002年ぐらいから撮りためたHi Vision録画ファイルがHDDに多量にあるため、これを再生するにはこのプレーヤはかなり重宝しそうである。順次、HDDの整理を開始することにした。ただし、このBDP-95のファームを最新にするとm2tsは良いが、BD-isoが再生できないらしい。フォルダ状態で確保しておけば通常通り再生できるそうだ。BD-isoファイルはHDDで約3個分。今後ずっとファームをアップデートしないではいられないだろうから、しばらくしたらBD-isoからフォルダにせねばならないだろう。HDDを整理する上ではけっこう面倒な話だ。

 Ubuntu StudioやVoyageMPDを聞いてみる

我が家のLINN DS AKURATEはただ今、十分満足できる音を鳴らしてくれている。しかし、どうしても試行錯誤の虫がまた動き出す。本来、この試行錯誤の虫が動き始めると、朝から晩まで、食事の最中も試行錯誤の事が頭から離れず、音楽を純粋にのんびり楽しむどころではなくなってしまう。
IMG_0772.JPG

それを避けるために、あ、え、て、先に書いた様に、Apple Air Mac Expressでの再生やWindowsパソからの再生などのPCオーディオから、既製品であるLINN DSに移行を決意したつもりだったのに・・・。Ubuntu StudioやVoyge MPDなど虫がウズく情報がネット上で盛んに流れている。で、とうとうまた虫を開放してしまったようだ。

Ubuntu Studioが結構良い音が出るとの噂をきいていたので、ネットよりOSをダウンロードしてインストール。Ububtu OS上のBansheeプレーヤで聴く音は、確かに音は今まで聞いたWindowsベースのPCオーディオより良いように感じるのだが、何か物足りずにいた。当然じっとこのまま聴いていることもできず、Unix系操作は「おてのもの」としている私としては、結局Ubuntu Studioにファイル共有用にsambaやnetatalkをインストールし、iTunesサーバとなるようmt-daapを、PS3のサーバーとなるようps3mediaserverをといろいろ次々にインストール。Ubuntu Studioには音再生以外の他の機能を持たせてもそう音が変わっていない事を確認しつつ、結局は、現在メディアサーバとして利用しているVine Linuxサーバと同じような機能をどんどんインストールしてしまい、オーディオ用というより、メディアサーバのサブ機として利用するようになってしまった。そんな折、友人から「UbuntuよりVoyageの方が音がいいぞ!!」と突然情報が舞い込み、速攻で準備。噂のVoyageMPDを設置してみた。
 
mpd01.jpg

まずは、昔買ったキューブ型ベアボーンのShattle (AMD700HzCPU)マシンを使ってVoyageMPDをお試しインストールして音を聞いてみる。明らかに明瞭度が上がった音色を確認して、これは行けると自身でゴーサイン。ALIX3D2をネット経由で手に入れ、昔使っていたカメラ用のコンパクトフラッシュ512Mを付けインストール。USB経由でONKYOのDAC-1000Sを鳴らそうとしたが、このDACどうもサンプリングレートが変わる時にうまく追従できず、結局、RASTEMEのRUDD14でUSBから同軸デジタルで出力して、DAC-1000Sへ送ることにした。同軸デジタルケーブルにオヤイデの銀線DR-510を、USBケーブルにACOUSTIC REVIVEの電源分離型USB-1.0SPを入手するなど、何のかんの結構物入りだったが、久々に試行錯誤を十分楽しむことができた。
 

 現状のVoyage MPD、システムとしてはある程度完成し音もなかなか面白いものになっている。このVoyageだけを聞いているなら、とても明瞭度が高く、高域には艶があり、低域には力強さがあるとても良い音と満足ができる。さらに、コストを考えると「こんなすばらしい音がここから出るとは!!」と驚きが得られる。ただ、比べることが間違っているのかもしれないが、写真左にあるLINN DS AKURATEで24bit96khzや24bit192khzを聞き比べると、感想は「さすが上品でおしとやかなLINN DS」。違いは歴然。昔AKURATEとKLIMAXをこの部屋で聞き比べたことがあったが、その時に感じた差、「KLIMAXの音の落ち着き」これと同じような性質の違いをVoyageとLINN DSとの差として感じた。クラシックを聞くにはやはりLINNは1枚も2枚も落ち着いた音が聞ける様です。明るく力強いVoyageMPD、これにはPOPSなどが良さそうかな。
mpd02.jpg
 

最近、Ubuntu Studioのlow-latencyやMPD化など、UbuntuもけっこうVoyageに負けない音が鳴らせる様にも感じ、Voyage MPDを含め、今後これらPCオーディオがどのように進化していくか自分でもとても楽しみになっている。VoyageMPDも電源やバッファー量などいろいろな手法により音が変わりそうなので、また昔のように順次試行錯誤をゆっくりと楽しみたい。

 中欧へ

ずっと前より計画していた中欧の旅。この時期、ちょっと非国民的ではあったが、既に準備万端整えていたため決行することに。重いカメラに白レンズかかえて頑張って行ったのだが、いゃ~日々、車の生活している私には、もっと鍛錬が必要だった。私より年配の方々が参加していらっしゃるのだが、皆私より元気。階段や石畳の道にヘイコラ。次回の旅行には、もっと鍛えておかねば・・。

なんと旅行後半は、気温が連日32℃以上。ただでさえ、暑さを超苦手としている私には、脂肪の皮を一枚着ているようで、暑いのなんのって・・・まいりました。よく歩きました。毎日1万~2万歩、いゃ~楽しい旅であり、またよく鍛えていただいた修行の旅でもありました。

IMG_6591.JPGIMG_7317.JPG

IMG_7637.JPGIMG_8451.JPG

IMG_9308.JPG IMG_9794.JPG

ちょうどプラハでは「プラハの春音楽祭」で、スメタナホールで「我が祖国」を聞かせていただきました。聞く席は2階席の一番奥、でもこのホールで聞く演奏はウアーと音全体が浮き上がってくるようで、私が今まで聞いた田舎のホールでは聞いたことがないような迫力があり最高でした。さらにウィーンでは楽友協会でのコンサート。このホールでのコンサートも豪華で感動ものでした。

チェコのビールがうまいのなんのって・・・その上1杯2~300円の値段にも感激。ウルケルビールをスーツケースに入れて、重い思いをして頑張って日本に持って来たのだけど、なんと酒屋「酒のやまや」に売っている事を後から知ってガックシ・・。オーストリアの白(バイス)ビールもとてもうまかった。

 

◎ツアーにご一緒いただいた皆様、楽しい時間をご一緒いただき、いろいろありがとうございました。私が撮影しました他の写真の諸々は以下の「写真はここ」においています。クリックしてどうぞ中へ(パスワード必要)。

お暇がありましたらどうぞ覗いてみてください。

 2011年Hi-Vi 4月号  雑誌に載せていただきました

近くのオーディオ屋さん( Antiphoneさん)のご案内でイギリスKEFのAndrew Watson氏、KEF JAPANの秋山代表、Hi-Vi編集長の泉氏やカメラマンさんのみなさんが、拙宅に来て我がオーディオを聴いていただけることとなりました。

IMG_5950.JPG詳細はHi-Vi 4月号pp の「低音を知ればAVは自ずと面白くなる!」を見ていただくことにして、Watson氏からはなかなかの好評価。

いや~石川県は大雪でたいへんな雪の中、羽田空港から石川県の小松空港までの日帰り、遠いところを来ていただきありがとうございました。

KEFのプレートもいただき、私は大満足。ご指摘いただいたサブウーハーの位置についても、右端から先日なんとかセンターに置換え、落ち着いた音像となりました。

 

IMG_5946.JPG             IMG_5942.JPG

 今年は雪も多く

今年は雪が多く、例年1mそこそこの積雪が3m程度積もり、また、春が近づいてもいっこうに溶けそうにない。このままでは、4月になってもかなり積雪がありそうだ。

IMG_5765.JPG   IMG_5764.JPG

家の近くはこんなに雪があり、まだまだ春を感じないため、福井の三方五湖の梅林、西田梅林まで足を伸ばしてみた。寒いせいかいくぶん遅れ気味。でも十分春を感じました。

IMG_5787.JPG IMG_5782.JPG

 model209サブウーハーをメインウーハーへ

 聴いている EVのジョージアンIIは殊に思い入れのあるスピーカであるため簡単に買い換えるつもりがない。そのためマルチアンプ化を行ってこのスピーカを生かそうとして来た。アクティブネットワークに変更することにより、内蔵のネットワークを使わずスピーカ直づけのケーブル。さらにツィータにTADを使うなど順次いろいろ改良してきたが、46cmのウーハーでのちょっとモハモファした感じにきこえる低域には、なんとかしたいとずっと考えて来た。このモファ感はきっとバフレフの音であろうと推察し、このスピーカを使う限りは・・・とあきらめかけていたが、結局、この46cmのウーハーを休止して、新たにKEFのサブウーハーmodel209を導入することになった。一般にサブウーハーというと5.1サラウンドのホームシアター用に使われる場合が多いが、今回の私の場合はもちろんホームシアター用としてではなく、純2ch ステレオオーディオ用であるため、サブウーハーではなくメインウーハーとなる。

IMG_5205.JPG

瞬発力が高く、前評判の高いこのサブウーハー、実は行きつけのオーディオ屋さんに既に取り付けられており、そのすばらしさはもう視聴済み。ピアノの音がまるで生のピアノ演奏を聴いているように聞こえ、設置にはすごく期待をしていた。

しかしこのサブウーハーの度迫力、我がオーディオルームは木造の2階にあるため、どんな地響きによりどえらい振動が起こるやもしれないと恐れ、まずは、オーディオ屋さんにお願いして、試聴ということでセットアップしてもらった。

しかし、案の定もう聴いてしまったら離せない。確かに低域の効き過ぎた曲にはちょっとビンビン部屋がうなってしまい困ってしまうが、そこはこのウーハーのボリュームを絞って聴けばなんとか凌げる。それよかクラッシックを聴いた時のオーケストラ全体の迫力というか、その存在感に・・・参った・・・。という訳で、オーデイオシステムは以下のように変更となった。

このサブウーハー、1000Wのアンプを自分で持っているので、必然的に、今まで46cmを動かしていたラックスマンのモノアンプB10は30cmのミッドバス駆動へ担当移動。ミッドバスに使っていたel34プッシュブルの真空管アンプATM-1はTAD等のスーパーツィータ駆動の担当となり、ホーンツィータは今まで通り真空管アンプATM-300の300Bの音色を響かせてもらうことにした。詳細は以下の図の通り。

myaudio6.jpg 構成図pdf 

 

 

 

 

 

めちゃすっきりとした現代スピーカーのような音となった。これでLinn Recordからダウンするバロック系のクラッシックがよさそう・・・。Linn DSやこのサブウーハーを導入し、今までほとんど聴かなかったクラッシックを聴く自分へと変化しつつある私自身に驚き始めている。まだまだこのサブウーハーを入れたばかりであるため、もう少々試行錯誤が必要なようだが、まずは純なオーディオ用としてセットアップされ、十分威力が発揮されそうで超楽しみである。さぁ~、あとはホーンツィータをコントロールするグライコでオーディオ関係は一時卒業である。その後は・・・。このサブウーハーをホームシアター用に使えるようにしてみたい。

3.JPG 2.JPG 1.JPG

 

 再度、秋の大和路へ2

春にお邪魔した友人の所へ再度伺い、ご案内をお願いした。

(作成中)

IMG_4614.JPG IMG_4625.JPG IMG_4629.JPG
IMG_4653.JPG IMG_4654.JPG IMG_4695.JPG
IMG_4706.JPG IMG_4707.JPG IMG_4722.JPG
IMG_4738.JPG IMG_4756.JPG IMG_4782.JPG
IMG_4787.JPG IMG_4820.JPG IMG_4833.JPG
IMG_4859.JPG IMG_4866.JPG IMG_4870.JPG

 

 再度、秋の大和路へ1

春にお邪魔した友人の所へ再度伺い、ご案内をお願いした。

(作成中)

IMG_3981.JPG IMG_4031.JPG IMG_4094.JPG
IMG_4139.JPG IMG_4161.JPG IMG_4170.JPG
IMG_4173.JPG IMG_4174.JPG IMG_4243.JPG
IMG_4271.JPG IMG_4289.JPG IMG_4304.JPG
IMG_4373.JPG IMG_4379.JPG IMG_4393.JPG
IMG_4451.JPG IMG_4532.JPG IMG_4603.JPG

 

 九州の端まで車で

ゴールデンウイークを利用して大分、熊本、鹿児島、佐賀、福岡と九州の端まで車で行ってきた。

1日目、石川から大分の中津市までまっしぐら、1日に1000km以上を走る暴挙へ。

(作成中)

IMG_2101.JPG

 大和路へ

 昨年の北欧の旅でご一緒し、お知り合いになった友人宅へ遊びに。友人といっても私よりぐっと年上の大先輩で奈良にお住まいのご夫婦。このご夫婦こそ下に書いたように、ニコンの一眼レフで撮影した北欧旅行の写真を譲っていただいた方。今度はずうずうしくもそちらのお宅に泊めていただき、さらには奈良をご案内いただいた。

いゃ~、たくさん歩きました。先輩ご夫婦はともに健脚で、日々ほとんど歩かない私には修行の大和路探検。観光客が少ない穴場のお寺へ次々と歩き回りました。でも春の花がいっぱいで楽しい旅でした。やっぱり人が少なく静かな奈良はほんとおもしろ・きれい!!。先輩がカメラマン1号そして私と妻がその弟子カメラマン2号、3号で勉強になるカメラ修行でした。

IMG_0469.JPG IMG_0482.JPG IMG_0534.JPG
IMG_0539.JPG IMG_0593.JPG IMG_0602.JPG
IMG_0619.JPG IMG_0626.JPG IMG_0651.JPG
IMG_0685.JPG IMG_0687.JPG IMG_0850.JPG
IMG_0854.JPG IMG_0903.JPG IMG_0946.JPG
IMG_0961.JPG IMG_0991.JPG IMG_1070.JPG

 

 やっぱり!!一眼か

 こだわって、あえて一眼レフカメラを使用することなく、ずっとコンパクト性を重要視して、コンタックスT2、シグマのDP1とコンパクトなカメラを長年使っていたが、DP1がどうも使い勝手がよくない。決してカメラが悪いわけではないのだか、腕が未熟で、私がシャッターをきる際にたぶん手ぶれを起こすのだろう。ピンボケ写真がずいぶん多い。その上、コンパクトカメラにフードを付け、フィルタを付け、と、本来の携帯性がだんだん無くなって来ていた。

IMG_3461.JPG「こんなんだったら、ピントの応答性が早く、手ぶれ補正のある最近の一眼レフでも携帯性は同じではないか」と思い始めた頃、なんと北欧旅行の大事な時に、DP1が突然動かなくなりシャッターが切れなくなった。旅行中にDP1がこのような悲惨な事になるのは、立山に行った際とこれで2度目。仕方がないので旅行中の写真は妻のRICHO R10にお任せし、私は動画撮影担当となったのだが、その際、旅をご一緒させていただいたご年配夫婦の中にニコン一眼レフD200で撮影されている方がいらっしゃった。ぜひ撮影した写真を譲っていただきたいとお願いして、その際の難はなんとか逃れたのだったが、後日、その方から送られた写真のCD-ROM。たくさんの北欧の写真を見たときから強く感じたのは、やっぱり写真がとても綺麗!!。

う~。やっぱり一眼はこんなに綺麗なのか~。旅先で動画カメラとコンパクトデジカメの2つを持つくらいなら、最近の動画も撮影できる一眼レフもアリじゃないの・・。もう大事な時の故障はたまらん~。 それにどうせなら、「弘法筆を選ばず」ではなくて、技術屋こそ、技術の上に乗っかるべし、「弘法筆をどんどん選ぶだ!!」と、何のかんのと自分に全く都合の良い理由で自身を納得させ、カメラにこだわりを持つ友人らからもアドバイスを受け、キャノンのフルサイズ5D MarkIIをゲット。

SDIM6496_2.jpgヤッタ!!と思っていたところへ今度は妻が、「私も一眼よ!!」と言うことになり、自分だけと言う訳にもいかず、キャノンのEOS Kiss x4を妻用にゲット、ま、レンズが共有できるから、レンズ沼に陥ってもうまく理由が立つか~と淺知恵・・・。

「カメラの機能が超優秀だったら、ま、撮影する人の腕が少々悪くてもまずまずの写真が撮れるはずだよね。きっと!! 。」それに「弘法大師だってどんどん筆を選ぶ時代が今なんだ!!」とまぁ~勝手な理由によりたいへんな散財。ト・ホ・ホ。ホ・・。

 サーバマシンを新調

ずっと動かし続けているサーバマシンも最近はファンの音がかなりうるさくなって来た。そこで新調。ついでにメディアサーバも新調。格安1台2万円のマシンを2台を調達した。今度はサーバ専用マシンとして売られていたもの。頑丈・静音・高速を期待している。

IMG_3196.JPG

1台はFreeBSDを入れて、WebやMailなどこのde9.jpのメインネットワークのサーバに。もう1台はVilne Linuxを入れてマルチメディアサーバにセットアップ。PS3やLinkStationなど動画のネットワークプレーヤとiTune,Linn DSなど音楽のネットワークプレーヤからそれぞれ見聞きするためのデータサーバとして利用している。

ちなみに、各サーバに入れたソフトを列挙すると

FreeBSD 7.1

bind,Apache,dracd,PHP,imap,fetchmail,mt-daapd,mysql,netatalk,samba,ushare,sendmail,qpopper,wizd,analogなどなど

Vine Linux 5.1

Apache.samba,nettalk,proftp,telnet,twonkymedia,ps3mediaserver,mt-daapdなどなど